白い床に憧れる…。茶色い床の上手なコーディネート術

明るくて写真映えもする白い床って憧れますよね。でも、自分のお部屋の床は茶色…という方も多いのではないでしょうか。床の色を変えるのはなかなか難しいから、床を隠してくれるラグや、茶色い床に合う家具を上手に使ってお部屋コーデしてみましょう。今回は、茶色の床のお部屋がもっとかわいくなるお部屋のコーディネート例やコツをご紹介します。

3つのコツで茶色の床でもかわいいお部屋に◎

@pjhyan.lina

茶色の床だとイマイチ生活感が溢れてしまい、かわいいお部屋にならない…。インスタでよく見るような、白っぽい色味の床に憧れる…。なんて思ったことありませんか?

実は、茶色の床にも、落ち着いたムードやあたたかみのある雰囲気を作ることができるなどのメリットがたくさんあるんです◎

今回は、茶色の床のお部屋をよりかわいくするコーディネートのコツを3つご紹介します。

 

低い家具を選んでお部屋を広く見せる

@naa9290

まず1つ目のコツは、低い家具を選んでお部屋を広く見せること。

茶色の床は、圧迫感を与えたりお部屋を狭く見せてしまったりすることも。
そのため、ローベッドやローテーブルなど低い家具を選ぶことで、お部屋を広々と見せることができます◎ 

白いローベッドで広々とした落ち着いたお部屋に

@mn23mo

白いローベッドをお部屋に配置することで、暗めの茶色い床であっても、広々としたお部屋に見せることができます。

また、白と茶色で統一することで、シンプルで落ち着いたムードに。
さりげないレースを散りばめることで、かわいさもプラス◎

 

大きなラグで床を隠して圧迫感を減らす

@s_s625

次に2つ目のコツは、大きなラグで床を隠して圧迫感を減らすこと。

お部屋の中で床が占める面積は広いため、床の色が暗めであればあるほど圧迫感を与えてしまいます。

  

@___mae_mae_

かわいさのあるお部屋にしたいのであれば、床に大きなラグを敷き床の見える範囲を狭めてしまうのもひとつの方法です。

ラグには白やベージュなど優しく柔らかな色を選ぶことで、ふんわりとしたムードをプラスすることができますよ。 

白×レースのラグでガーリーでかわいいお部屋に

@dkdk0621_

茶色の床に、白いレースのラグを置くことで優しげな佇まいに。
さらに、ラグのレースが繊細でふんわりとしたガーリーな雰囲気に仕上がります。カーテンのくすみピンクカラーがかわいらしさを際立たせます◎

 

インテリアの色を絞って統一感を出す

@usablepaper

最後に3つ目のコツは、インテリアの色を絞って統一感を出すこと。

お部屋に配置するインテリアの色がバラバラだと、床の圧迫感に加えてごちゃついた印象を与えてしまいます。

茶色の床を生かしたいのであれば、白やベージュ、その他のカラーを一色のみなど、インテリアに使う色をできる限り絞ることで、お部屋に統一感が生まれます。

かわいい茶色の床のお部屋でゆったりとした時間を

@chiiichangram.01

今回は、茶色の床のお部屋をよりかわいくするコーディネートのコツをご紹介しました。

この機会にお部屋を模様替えして、思い切りくつろぐことができる自分だけのお部屋を作ってみませんか?

茶色の床のお部屋に住んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。