カーテンひとつで自分らしく整える。色別のお部屋コーディネート

お部屋のコーディネートのイメージがかたまっていないためにカーテンの色をグレーや白、アイボリーなどつい無難に選んでいませんか?カーテンは北欧風にもアメリカンスタイルにも、アンティーク風にもヨーロピアンにも、お部屋の印象をがらりと変えます。お部屋の大部分を占めるカーテンの色別のお部屋のコーディネートをご紹介します。

カーテンひとつで自分らしく整える。色別のお部屋コーディネート

お部屋のコーディネートのイメージがかたまっていないためにカーテンの色をグレーや白、アイボリーなどつい無難に選んでいませんか?カーテンは北欧風にもアメリカンスタイルにも、アンティーク風にもヨーロピアンにも、お部屋の印象をがらりと変えます。お部屋の大部分を占めるカーテンの色別のお部屋のコーディネートをご紹介します。

。○(カーテンの色はつい無難になってしまう…)

一人暮らしを始めるときに、一番最初に買うべきカーテン(防犯の観点からも!)。でもお部屋の家具のイメージは膨らませていても、カーテンの色のイメージまで固めていなくてつい無難な色を選んじゃった…という経験はありませんか?

カーテンの色別にお部屋のコーディネートをご紹介します。

カーテンの色が変わるだけでお部屋の印象は確かに変わります。家具がガーリーならカーテンには白系ではなく寒色や締め色を選ぶなど、お部屋をトータルなバランスで考える参考にしてみてください。

 

pink系

@o___awiii⁣

家具はシンプルなものが好みだけど、なんとなく殺風景な今のお部屋に不満がある…って人は、カーテンを薄づきピンクにchangeしてみるのがおすすめです。柔らかな血の通った色を選べば、シンプルな家具もとたんに心地よいお部屋になるはず。
 

green系

@_____kaolife.k⁣

ブラウン系の家具と相性のいいグリーン系。
カーテンのグリーンと観葉植物の色味がリンクしてリラックスした雰囲気のお部屋になりますね。

 

@se.na.0331⁣

同じグリーンのカーテンでも、カーテンのグリーンのトーンを抑えることでシャビーシックな感じに。
ブルーの洗練された印象やピンクの暖かみがプラスされる印象とは違って、グリーン系のカラーはこなれた印象がお洒落。

 

blue系

@kanagram_room⁣

レースフリルのついたベッドリネン、ホワイトのチェストなど、白系でまとめたヨーロピアンな家具が好きだけど、お部屋に呼ぶ友達に”キツいなあ”とは思われたくない。
そんな人には、あえてすっきりとしたブルー系のカーテンを合わせることで”自分らしく”整えるのがおすすめ。

 

@heroine__snow⁣

こちらも白系でまとめたお部屋+ブルーのカーテン。
白いシンプルな家具が中心ですが、ドレッサーやカーテンのブルーもマカロンカラーを選ぶことでほんのりドリーミーなお部屋に。

 

@everyday_.holiday⁣

同じブルーのカーテンでもこちらのお部屋のカーテンはぐっとトーンを落とした真っ青なお色。
観葉植物がたくさんあって、少しオリエンタルな雰囲気もありますが、ロイヤルなブルーのカーテンのおかげでシックで洗練された印象に。

 

yellow系

@e_zyoon⁣

アジアンなランプシェードやシックなラグ、シンプルなアイボリーのソファなど、一見バラバラなようですが、カーテンも含め、色味がイエロー系に統一されていることでまとまっていて、とってもお洒落。
ビビッと直感に訴えてきた家具を買いたい!という人は、こんな風に色味を統一するのがよいのかも!

模様替えはカーテンから始めてもいいのかも。

@kaoriiiii___87

ご紹介したお部屋の中にもあったように、シンプルな家具×ピンク色のカーテンの組み合わせや、ドリーミィな家具×青系カーテンなど、カーテンの色はお部屋の家具とtoo muchにしなくてもいいみたい。
その他にも家具のテイストはばらばらでも、カーテンも含め色味を統一してお洒落にまとめるのもアリ。


カーテンって意外とお部屋の印象を左右するから、次の模様替えはカーテンから始めてみるのもいいのかも。

関連記事